FC2ブログ
MRCです。さて、結果はどうだったでしょうか


続きからどうぞ





◎ジョワドヴィーヴル3着
△ジェンティルドンナ4着、ウイングザムーン8着、ハナズコール1着、フクノハツヒメ12着

馬単
⑤→①⑨⑫⑬

う~ん・・・確かに直線の入り口では行き場をなくしかけたところはありましたが、その後狭いところもこじ開けて来ましたしね・・・。結果的には休み明けが響いたのかもしれません。内枠もあんまり得意じゃないかもしれません。

勝ったハナズコールは外から豪快に差し切りましたね。ペースはそこまで速くありませんでしたが、素晴らしい切れ味を見事に発揮しました。ただ、この競馬は逆に本番に向けてどうみるか難しいところですね。はまっただけなのか、それとも本格化か。本番では真価が問われそうです

2着のエピセアロームは軽視しましたが、ちぐはぐな競馬をしてた感じがしたので、この2着は勝ちは中々高そうです。本番でも期待できるでしょうか?

続いてオーシャンS

◎ブルーミンバー13着
○ダッシャーゴーゴー9着
▲カレンチャン4着
△ジョーカプチーノ5着、ワンカラット1着、スペシャルハート14着、グランプリエンゼル2着、エイシンヴァーゴウ10着、アポロフェニックス11着

馬単
⑤⇔①②③⑦⑨⑩⑫⑬
外れ

馬場考えて前残りを考えましたが・・・。完全に甘かったですね。ペースが相当速くなって先行勢はほぼ全滅。スタートが良かったことは逆にデメリットになって、途中から後退気味になりそのまま万事休す。正直言って相手も強かったかもしれません。波乱の展開はありそうとは思いましたが・・・

勝ったワンカラットは内枠を活かしてインを走ってましたが、一番の勝因は絞れたことですね。これで動きが格段に良くなりました。2着のグランプリエンゼルも絞れたことは良かったですね。ただ先に動かれた分勝てませんでしたね。連対馬2頭は元々力はありますし、これぐらい走れても驚きませんね。

カレンチャンは外回されたことと休み明けが響きましたね。悲観することはないでしょうが、このレースを使ったことが悪い方向に転ばなければいいですが・・・。ダッシャ―ゴーゴーに至っては4歳の秋からイマイチな状況。まさかピークを過ぎてしまった?なんてこともあり得なくはなさそうですが・・・。本番で巻き返せるでしょうか。
紐は1、2着で下が肝心の◎が来ず・・・



土曜は不安な出だしになりました。日曜に巻き返したいですが・・・。日曜は中山で弥生賞、中京で中日新聞杯です。新装中京をどう攻略するかがポイントになりそうですね。


それでは
スポンサーサイト
Secret